24時間予約

24 時間予約

RESERVATION

INFORMATION

歯列矯正の種類・特徴をご紹介【コラム】

2021.10.17

■歯列矯正の種類と特徴について

歯並びの乱れを細かく整える「歯列矯正」にはいくつかの種類があります。

 

▼ほとんどの歯並びに適応できる「ワイヤー矯正」

ワイヤー矯正とは、ブラケットと金属製ワイヤーを歯列に設置して歯並びの乱れを改善する方法です。最も歴史のある矯正法であり、ほとんどの歯並びに適応することができます。ただし、矯正装置が目立ちやすい、装着感があまり良くない、日常生活で制限が加わる面が多々ある、などのデメリットを伴います。

 

▼快適に歯並びを整えられる「マウスピース型矯正」

透明な樹脂製のマウスピースを用いた矯正法です。歴史はそれほど長くはありませんが、全世界で広く普及しています。装置が目立ちにくく、装着感も良好なのが大きなメリットです。その一方、ワイヤー矯正ほど適応症が広くはないので、抜歯を必要とするようなケースにはあまり向きません。

 

▼部分矯正と全体矯正の違い

歯列矯正は、処置を施す範囲によって分類することもできます。前歯部だけなど、歯列の一部分だけに処置を施す矯正法を「部分矯正」といい、治療期間が短く済みます。一般的な歯列矯正は、上下の歯並び全体に処置を施すことから「全体矯正」あるいは「全顎矯正」といいます。

 

▼まとめ

このように、歯列矯正は種類によって特徴やメリット・デメリットが異なるため、ケースによって最善といえるものを選ぶことが大切です。どちらが自分に合っているのかわからない、という方は、お気軽に当院までご相談ください。

 

参考:当院の矯正治療に関するページ