24時間予約

24 時間予約

RESERVATION

INFORMATION

金属アレルギーでもインプラントは可能?【コラム】

2021.10.17

■金属アレルギーでもインプラントは可能?

インプラント治療では、原則として「チタン」という金属を使用します。最近では人工歯根までセラミックで構成されたインプラント治療も実施されていますが、それはあくまで稀なケースです。そのため、金属アレルギーがある場合は、インプラントという選択肢そのものがなくなってしまうのでは、と不安に感じていることでしょう。

▼チタンにアレルギーがなければインプラント可能です

結論からいうと、アレルゲンとなる金属がチタンでなければ、インプラント治療を受けることができます。例えば、歯科用合金に含まれるパラジウムやスズにアレルギーがある場合は、銀歯による治療が不可能となりますが、インプラント治療は可能です。なぜなら、インプラント治療で用いられる金属はチタンだけだからです。もちろん、こうしたケースではチタン以外一切の金属が含まれない「純チタン」である必要があります。

 

▼チタンも金属アレルギーのリスクがゼロではない?

チタンはアレルゲンとなりにくい金属ですが、金属アレルギーを発症しない可能性が100%というわけではありません。何事にも例外がありますので、不安な方は事前にパッチテストのような金属アレルギーの検査を受けておきましょう。

 

▼まとめ

このように、金属アレルギーがあっとしても、該当する金属が「チタン」でなければインプラント治療を受けることができます。大切なのはご自身がどの金属に対してアレルギー体質なのかを正確に把握することです。

 

参考:当院のインプラントに関するページ