24時間予約

24 時間予約

RESERVATION

INFORMATION

矯正後のリテーナー装置とは?必要性を解説【コラム】

2021.10.17

■矯正治療の後戻りを防ぐ「リテーナー」とは?

矯正治療は、歯を移動する「動的治療」と歯を固定する「保定処置」の2つに大きく分けることができます。ほとんどの方は、動的治療についてのみ、よくご存知なのですが、矯正治療を成功させる上では保定処置も同じくらい重要です。そんな保定処置では「リテーナー」と呼ばれる器具を使用します。

 

▼リテーナーとは?

リテーナーとは、歯の後戻りを防ぐために装着する装置で、いろいろな形態のものがあります。例えば、マルチブラケットのように歯面に固定するタイプのものは、いろいろな症例に適応されます。その他、マウスピースタイプのものや入れ歯のような形をしたタイプのものもあります。いずれもマルチブラケット装置ほど複雑ではないため、痛みや不快感に悩まされることもほとんどありません。

 

▼リテーナーが必要な理由は?

動的治療によって移動した歯は、そのまま放置すると徐々に元の位置へと戻ろうとします。もちろん、完全に元通りになるわけではありませんが、せっかく時間とお金をかけてきれいに並べた歯が乱れてしまうため、歯列が安定するまでは固定する処置を施した方が良いのです。ちなみに、保定にかかる期間は、動的治療とほぼ同程度となっています。

 

▼まとめ

このように、歯の移動を行った後は、リテーナーを用いた保定処置が必須となります。リテーナーを使わないと、矯正治療そのものが失敗に終わってしまうこともあるため、十分に注意しましょう。

 

参考:当院の矯正治療に関するページ