24時間予約

24 時間予約

RESERVATION

INFORMATION

歯列矯正の意外なリスク・デメリット【コラム】

2021.10.17

■矯正治療のリスク・デメリットはある?

歯列矯正は、歯並びの異常を根本から改善できる素晴らしい治療ですが、医療行為である以上、必ずリスクを伴います。

 

▼矯正装置による歯の痛み

矯正治療は、マルチブラケットなどを用いて歯を人為的に動かす処置です。そのため、装置を装着した直後は、強い痛みが生じやすいです。また、矯正用ワイヤーを調整すると、強い矯正力が発生するため、その都度、痛みや不快感が強まります。

 

▼歯茎が下がる

歯を支えている骨が薄い場合、歯の移動に伴って歯茎が下がってしまうことがあります。これは本来、骨が存在していなかった部位に歯を動かすことで生じる現象です。

 

▼歯根が吸収する

歯に対して過剰な矯正力がかかると、歯根吸収や歯の神経の失活が起こることがあります。一般的な矯正治療では、適切な矯正力がかかるよう、きちんとコントロールされていますが、装置の変形や故障などでトラブルが起こることもあり得ます。

 

▼金属アレルギーの発症

ワイヤー矯正では、ブラケットやワイヤーに金属を用いることから、金属アレルギーのリスクが生じます。もともと金属アレルギーがある方は、セラミック製のブラケットと使用したり、金属アレルギーのリスクがゼロとなるマウスピース型矯正を選択したりした方が賢明といえます。その他、矯正治療にはむし歯・歯周病になるリスク、顎関節症を発症するリスクなどを伴います。

 

▼まとめ

矯正治療にはたくさんのメリットがある反面、必ずリスクやデメリットも伴いますので、その点も把握した上で治療を検討しましょう。

 

参考:当院の矯正治療に関するページ