24時間予約

24 時間予約

RESERVATION

INFORMATION

歯の黄ばみ・着色の原因とは?【コラム】

2021.10.16

■歯が黄ばむ・黒ずむ原因とは?

歯の黄ばみ・黒ずみに悩まされている方は、何が原因で歯の着色が起こるのかも気になりますよね。根本的な原因がわかれば、予防することも難しくなくなります。ここではそんな歯が黄ばむ原因をわかりやすく解説します。

 

▼食事・喫煙による着色が主な原因

歯の黄ばみ・黒ずみの主な原因は、食事や喫煙です。コーヒーや紅茶といった着色性の強い食品を習慣的に口にしていると、歯質に色素が沈着していきます。タバコの煙に含まれるヤニも沈着性が高く、歯を黄ばませやすいです。

 

▼加齢による歯の黄ばみ

食事を始めとした生活習慣が健全でも、私たちの歯は徐々に黄ばんでいきます。これはエナメル質が薄くなり、その下に存在している黄色い象牙質が透けて見えるようになるからです。つまり、加齢によっても歯の変色が起こるのです。もちろん、歯の摩耗などを避け、口腔ケアをしっかりと継続している場合は、加齢による歯の黄ばみも最小限に抑えることができます。

 

▼薬剤による歯の変色

特定の薬剤を長期間服用することで歯が黄ばむこともあります。いわゆる“テトラサイクリン歯”が代表例です。歯の成長期にテトラサイクリンという抗菌薬を服用すると、歯が変色することがあります。

 

▼まとめ

このように、歯が黄ばむ原因にはいくつかありますので、心当たりのある方は適切な対策をとっていきましょう。もうすでに黄ばんでしまった歯は、いろいろな歯科治療で改善することが可能です。

 

参考:当院のホワイトニングに関するページ