24時間予約

24 時間予約

RESERVATION

INFORMATION

正しい歯磨きの仕方を解説!【コラム】

2021.10.16

■正しい歯磨きの仕方について

歯並びは個人差が大きいので、最適といえる歯磨きの方法は、ブラッシング指導でなければ学ぶことが難しいです。ただ、すべて人に共通している「正しい歯磨きの仕方」もありますので、今回はその点について詳しく解説します。

▼毛先は小刻みに振動させる

歯磨きの基本は、1歯1歯丁寧に磨いていくことです。間違っても、歯列全体をゴシゴシと大雑把に磨くようなことは避けましょう。それだけと磨いた気にはなりますが、実際は汚れをきちんと落とせていません。歯ブラシは歯面に軽く当て、小刻みに振動させるようブラッシングしてください。

 

▼歯と歯茎の境目は歯ブラシを45度に傾ける

歯と歯茎の境目は、通常のブラッシングでは効率良く汚れを落とせません。歯ブラシを45度に傾けて、毛先をすき間に滑り込ませるような感覚でブラッシングしましょう。

 

▼歯と歯の間はデンタルフロスを活用

歯と歯の間は、歯ブラシによるブラッシングで汚れを落とすのは不可能です。補助的清掃器具であるデンタルフロスや歯間ブラシを活用して、プラークフリーな状態を作りましょう。歯間距離が短い場合はデンタルフロス、長い場合は歯間ブラシが適しています。

 

▼まとめ

このように、歯磨きには基本として守るべきポイントがいくつかあります。さらに具体的な歯磨きの仕方は、定期検診のブラッシング指導で学ぶようにしてください。当院までご相談いただければ、歯磨きのプロフェッショナルである歯科衛生士が患者さまそれぞれに最善といえる歯磨きの方法をご提案します。

 

参考:当院の歯周病予防に関するページ