24時間予約

24 時間予約

RESERVATION

INFORMATION

ホワイトニングとクリーニングは何が違う?【コラム】

2021.10.16

■ホワイトニングとクリーニングの違いとは?

歯の汚れや着色を取り除く方法といえば、「ホワイトニング」ですよね。しつこい着色汚れもきれいに除去できることから、定期的に受けている方も少なくありません。そこで気になるのが「クリーニング」との違いですよね。どちらも汚れを落とすことに変わりはありませんが、施術法や費用、治療の効果は大きく異なります。

 

▼ホワイトニングは「歯の漂白処置」

ホワイトニングでは、過酸化水素や過酸化尿素からなる漂白剤を使って、歯の黄ばみを改善します。つまり”歯を漂白する“ことがホワイトニングの本質といえるのです。具体的には、ホワイトニング剤が歯質の中に浸透し、着色汚れを化学的に分解・除去します。その結果、ブラッシングやクリーニングでは落とせなかった汚れをきれいに取り除けるのです。

 

▼クリーニングは「歯の機械的なお掃除」

クリーニングで使用する薬剤は、研磨剤です。歯の表面に沈着したステインなどの着色汚れを機械的に取り除くのがクリーニングであり、あくまで歯のお掃除にとどまります。ですから、ホワイトニングのように歯の内部にまで入り込んだ汚れは除去できません。

 

▼まとめ

このように、ホワイトニングとクリーニングはどちらも歯をきれいにすることができますが、汚れを取り除くメカニズムが全く異なります。基本的にはまずクリーニングを行い、それでも落ちないような着色汚れをホワイトニングで除去するのが良いといえます。

 

参考:当院のホワイトニングに関するページ