24時間予約

24 時間予約

RESERVATION

INFORMATION

セラミックと銀歯の違い3選【コラム】

2021.10.16

■セラミックと銀歯の違いについて

虫歯を削った後には、何らかの材料で歯質を補わなければなりません。その際、保険診療では銀歯を選択することが多いのですが、セラミックとの違いについて詳しく知っておきたい方も多いかと思います。

 

▼見た目の違い

銀歯は、金属色がむき出しとなっているため、見た目があまりよくありません。セラミックは、天然歯の光沢や透明感、色調などを忠実に再現できることから、審美性が極めて高いといえます。

 

▼身体への影響の違い

銀歯は、歯科用合金で構成されており、必ず金属アレルギーのリスクを伴います。さらに、溶出した金属イオンが歯茎に沈着して、メタルタトゥーを引き起こすことも珍しくありません。生体親和性の高いセラミックなら、そのような金属関連のリスクをゼロにすることが可能です。

 

▼虫歯の再発リスクの違い

セラミックで作った詰め物・被せ物は、歯質との適合性が高く、虫歯の再感染が起こりにくくなっています。一方、銀歯はセラミックほどぴったり適合されることができないので、歯質とのすき間に細菌が侵入しやすく、虫歯の再発率も高くなっています。

 

▼まとめ

このように、セラミックと銀歯とでは、さまざまな違いが見られることから、治療に何を求めるかによって最善といえる方法も変わってきます。経済面を最優先に考えるのであれば、銀歯がおすすめですが、それ以外であればセラミックを推奨するケースがほとんどといえます。

 

参考;当院のセラミック治療に関するページ