24時間予約

24 時間予約

RESERVATION

INFORMATION

インプラントとセラミック治療の違いとは?【コラム】

2021.10.17

■インプラントとセラミック歯の違いは?

治療後の状態だけを見ると、インプラントとセラミック歯にはほとんど違いが見られません。そのため、両者を混同している人も少なくありません。今回はそんなインプラントとセラミック歯の違いについてわかりやすく解説します。

インプラント

▼そもそも適応症が違う?

実は、インプラントとセラミック歯というのは、そもそも適応されるケースが全く異なります。インプラントは、歯を丸ごと失った場合に適応される治療で、顎の骨に人工歯を埋め込みます。一方、セラミック歯は、歯の頭の部分である歯冠(しかん)が虫歯や外傷で損傷を受けた場合に装着するものなので、当然ですが歯根は残っています。ですから、治療法でインプラントとセラミック歯のいずれか一方を選ぶということはあり得ません。

 

▼インプラントでもセラミック歯を使う?

インプラント治療では、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込んだ後、上部構造と呼ばれる人工歯を装着します。これが一般的にはセラミックで作られているので、インプラントでもセラミック歯を使うといっても間違いではありません。ただし、厳密には異なるものであり、費用や製作プロセスなどにも違いが見られます。

 

▼まとめ

このように、インプラントとセラミック歯は全く別物なので、比較の対象にはなりません。歯を丸ごと失っている場合はインプラント、虫歯治療などで歯質を一部削った場合ははセラミック歯を選択できます。

 

参考:当院のインプラント治療に関するページ