一般歯科(保険適用)| 本町の矯正歯科|駅歩1分のDIGITAL-L 歯科・矯正歯科

24時間予約

24 時間予約

RESERVATION

General Dentistry

一般歯科(保険適用)費用

保険診療(3割負担の場合) ¥3,000~8,000

※掲載の料金は全て税込表示です。

一般歯科について

歯科医院の治療で多くの割合を占めるのが虫歯の治療です。

虫歯の進行状況により、治療内容も変化してきます。

1)Co

シーオーと呼び、虫歯になる前段階の状態です。
歯の表面がわずかに溶けて白くなっていますが、この時期はフッ素を使った再石炭化を起こし、しっかりした歯磨きができれば、大切な歯を削ることなく治療を進めることができます。

 

2)C1

エナメル質から象牙質のごくわずか表面が侵された程度の虫歯です。痛みなどの自覚症状はありません。虫歯を削り取り、レジンで詰め物することで治療することがほとんどです。

 

3)C2

虫歯が象牙質の深さまで進行した虫歯です。歯の神経(歯髄)に炎症などは起きていませんが、甘いものや冷たいものを食べた時に歯の痛みなどの自覚症状が現れます。虫歯の部分を削った後、歯の神経を保護する薬剤や外来刺激を遮断する薬剤を入れ、銀歯やセラミックなどのなどの被せ物を作ります。

 

4)C3

虫歯が歯髄まで到達し、細菌感染などによって歯の神経に炎症が起きます。放置すると炎症が拡大し痛みが発生します。

歯の神経を除去し、根管を清掃拡大し、薬剤を詰めた後に被せ物を作ります。

 

 

5)C4

虫歯の末期になると歯は消失し、根だけが残っている状態となります。この状態になるとほとんどの場合が抜歯になります。抜歯後はブリッジ、入れ歯、インプラントなどの治療が必要です。

 

虫歯の原因とは

虫歯の原因は様々ですが、主に以下の理由が上げられます。

 

1)歯みがきの回数が少ない。

歯磨きが1日1回以下の場合は、食べかすがたまりやすくなり、虫歯ができやすくなります。

 

2)かぶせ物や詰め物が多い

温かいものや冷たいものを食べると、詰め物が膨張と収縮を繰り返します。そのため歯と詰め物との間にわずかな隙間ができ、この隙間にプラーク(歯垢)がたまりやすくなります。

 

3)甘いものをよく食べる

虫歯の原因菌は、甘いもの(炭水化物)を栄養源にするため、甘いものをよく食べる方は虫歯が増えやすくなります。

 

4)お口の中がよく乾く

唾液には食べかすを洗い流す成分と、お口の中を綺麗にする殺菌成分が含まれるため、虫歯の原因菌を減らす効果があります。内服薬の副作用などにより唾液の分泌量が減ると、これらの効果が弱くなります。そのため、お口の中がよく乾く方は虫歯への注意が必要です。

 

5)歯並びが悪い

歯並びが悪いと磨き残しの部分ができやすくなるため、虫歯になりやすくなります。

 

6)歯周病がある

歯周病で歯ぐきが下がって歯周ポケットがある状態だと、ポケットの内部は磨き残しが多くなりがちです。その場合ポケット内部にたまったプラーク(歯垢)を栄養源にして虫歯になりやすくなります。

 

7)しばらく歯科医院に行っていない

自分だけでお口の中全体は見渡せませんので、お口の状態をチェックできません。定期的なメンテナンスを行うことで虫歯の早期発見、早期治療が大切です。

 

虫歯を予防するには

虫歯を予防するためには、適切な治療や日頃のケアが必要です。

虫歯予防のために気を付けるべき以下の項目、あなたは意識していますか?

 

1.歯みがきの回数とやり方

歯磨きは回数だけでなく、何を使ってどのように磨くかも重要です。ご自身にあった歯ブラシのサイズ、毛の硬さ、当て方など、ポイントは皆さんそれぞれ異なります。経験豊富な歯科医師や歯科衛生士に、一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

2.歯ブラシ以外の清掃器具の使用

歯と歯が隣り合う部分は、歯ブラシだけでは磨ききれません。デンタルフロスや歯間ブラシなどのアイテムも取り入れて歯磨きをしましょう。

 

3.フッ素入り歯磨き粉

スーパーやドラッグストアでは歯磨き粉がたくさん並んでいます。口臭予防など色々な効能がありますが、フッ素が多く含まれているものを選ぶのが良いでしょう。初期の虫歯であれば、フッ素が歯の再石灰化を助け、治療をすることができます。

 

4.甘い物の摂りすぎ・回数について

甘いものは虫歯の原因菌の栄養源となります。甘い物そのものは脳をはじめ人間の栄養源として重要ですが、虫歯菌が栄養源にするリスクを減らすためには、だらだらと「ながら食べ」を避け、食べる時間を決めましょう。そして食べた後はしっかり歯磨きをすることが大切です。

 

5.歯並びを整える

歯並びが悪いと、歯磨きの際に磨き残しが出てきます。歯並びを整えることで虫歯のリスクを減らします。

また、歯が無い部分があれば、ブリッジや入れ歯、インプラントなどで歯を入れることを考えましょう。八重歯など歯並びを整えるため歯列矯正治療を受けることも、虫歯予防に有効です。

 

6.歯科医院での定期的なメンテナンス

歯ブラシやデンタルフロスなどを使っても、自分ではケアが行き届かない部分があるため、磨き残しが出てきます。当然そのような場所は虫歯になりやすくなります。歯科医院では様々な専用器具を用いて歯の汚れを落とし、お口全体のチェックもしています。是非定期的なメンテナンスを受けましょう。

当院の虫歯治療は

当院の治療はビフォーアフター写真を提供し、治療後に患者様に治療効果を確認していただけます。

また、虫歯治療後よく滲みるので、当院は虫歯治療と同時に滲み止めの薬を使用し、術後の滲みを予防しております。

最新設備「セレックシステム」

セレックシステムとは、専用のコンピューターと口腔内専用の3Dスキャナーで口腔内をスキャンしたのち、コンピューター上で詰め物・被せ物の技工物データを設計し、それをもとに「ミリングマシン」と呼ばれる削り出し機で作製する一連のシステムです。

 

1)セレックシステムの特徴

セレックシステムは歯科医院内で口腔内のスキャンから詰め物の作製まで完結させることのできるシステムです。

短時間でとても精度が高い詰め物が作製できる点が大きな特徴です。

このシステムにより、患者様お一

人おひとりに適したより良い治療を提供することが可能になります。

セレックのミリングマシン

2)セレック治療の流れ

虫歯を除去した後、専用の3Dスキャナーで歯の形を撮影します。撮影した画像上で詰め物のサイズや形などを指定したら、そのデータを削り出す機械に転送します。

削り出しの機械に歯の色調に合ったセラミックのブロックをセットすると、1時間弱程度で削り出しが完了しますので。それを患者様のお口に詰めれば治療が終了します。

保険虫歯治療

深い虫歯ですが、隣の歯ないので、簡単に詰めることは可能です

保険虫歯治療

嚙む面の浅い虫歯なので、白く詰めることは可能です

保険虫歯治療

嚙む面の浅い虫歯なので、白く詰めることは可能です

診療内容一覧へ